アイリーン・グレイは、アイルランドの芸術一家の家に生まれ、1898年からロンドンのスレード美術学院で学びました。 1902年にフランスのパリに行き、コラロッシ・アカデミーとジュリアン・アカデミーで芸術を勉強しました。その後、日本の工芸家菅原氏のもとで漆工芸を学びました。第1次世界大戦中はパリには一度しか行かず、ロンドンで暮らすようになります。 彼女は、家具デザイナーまたインテリアデザイナーとしても活躍しました。1922年に自分の作品を展示するためジーンデザイン・ギャラリーをオープン。同じ年にデ・ステイルの活動にも参加しました。 1937年にパリの博覧会でル・コルビュジェと一緒に仕事をしました。

アイリーングレイ買取例

rei_eileen_gray

モンテカルロ(Monte Carlo)、アジャスタブルテーブル E1027(Adjustable Table E1027)、デイベッド(Day Bed)、ビバンダム(Bibendum)、ロクブリューン(Roquebrune)